釣って食べたい釣行記

海育ちの釣り好きと自分で釣った魚を食べる事が夢で始めた初心者との釣行記!

カテゴリ:釣り場 > 土肥

3連休の後半、久しぶりに西伊豆の土肥へ釣りに行ってきました。

初日は、釣り日和だったのですが、
仕事で行ず 日・月です。

コバルトはさすがに釣り人がたくさん
もーそれは「承知のさた」でしたので、

もう少し先にある堤防へ

赤い灯台がある場所は、釣り人で
いっぱいですが、

その向かいにある堤防は、
外海の右側がテトラなので、
あまり人気がありません。

が、
以前ここで、カワハギなどが釣れているので、
私達にとっては、ナイスなポイントなのです。

すぐにアタリがありましたが、
IMG_4127

キレイなアイゴちゃんや
IMG_4160
フグーーー

ベラーーー

IMG_4136

諦めかけた頃、
仕掛けをカワハギに変えたら

IMG_4135

やっぱり、、カワハギ釣れました。
結構大きかったです。25cmくらい
キモはたくさん入ってるかなー?

これで満足でこの日はおしまい!


そしてせっかくの宿泊だったので、
朝マズメに、っと言っても翌朝は
朝6時ごろ、、

コバルトは既にいっぱいだったので、
また昨日の堤防へ

大きい引きはやはりアイゴ
2時間頑張りましたが、釣れるのは、アイゴちゃんです。

大きな引きは味わえるだけでも良いかなー

ホテルに戻り、朝食を頂いてから、
ここから1時間もかかる子浦港へ
またまた行ってしまいました。

一旦ハマるとしつこい私達です。

到着は11時頃だったのですが、
遠目に見た時は、ベストポジションに
釣り人2人ぐらいでしたので、
ラッキーと思ったのですが、

同時到着釣り人が2組、、

2組に後1歩及ばず、
先端とその横と場所を取られてしましました。

まっ11時ですしねー
空いていなくて、当然なのですが、

どうにか、その隣に入れてもらいましたが、
船のロープに引っかからないように
隣の邪魔にならないようにと
投げる場所は、まっすぐに限定です。

2組の夫婦は、シマアジやサバやイワシやタイが
入れ食い状態でした。

同じような釣り方をしている私達には、
全然当たりなし

??やっぱりピンポイントの場所なのでしょうかねー?

テンション下がりましたが、

師匠はまたリベンジしたくて、うずうずしているようです。


帰りすがら、松崎の漁港に人だかりでしたので、
覗いてみると、
大きなアジが入れ食い状態だとのことでした。

17時ごろでしたねー
地元の人たちですかねー
10人以上いたかなー

盛り上がってました。

これまた羨ましかったです。
コマセが残っていたら、参加したかったのですが、
使い切ってしまっていましたので、残念

今の時期、大きなアジがよく釣れているみたいですね。


IMG_4169

西伊豆の夕日は素敵です。

8688237377467


カワハギのキモは、小さかったです。

釣ってすぐに、〆て、血抜きしているので、
キモは、白くピンク色でーす。

8688478027670
キモ醤油にして、久しぶりにカワハギのお刺身を頂きました。
美味しいかったでーす。






残念なトビウオすくいに参加するため、
週末は、土肥で釣りをする事に出かけました。

西伊豆の土肥に到着したのが、10時頃
釣り人なのに、なかなか早くは行けません

土肥で人気の釣り場、コバルト堤防
いっぱいだろうなー?と思いながら、
一応偵察、、

コバルト堤防の先端は、
ファミリーと釣りクラブの人達がいましたが、
右端はなんとなーく入れる感じ、、

いつも人気のある所だけに、
頑張って、間に入れてもらいました。

ヤッター!ひさしぶりのコバルトで釣り

IMG_2889


一昨年は、この時期、ここで、そこそこのワカシ
釣れたので、ワカシとか大きなサバとか
釣れたら良いなーとカゴ釣り

しかし、遠くに投げているのに、小サバちゃんしか
釣れない、、

堤防の右横の釣り人は、カワハギが釣れてたり、黒鯛が釣れていて
羨ましいなーと思っていると、
また釣れているのが気になり、よそ見をしている間に
師匠に「ウキが沈んでるよー」と言われ引いてみました。

重たいのは、重たいんだけど、魚が暴れている感じはなくて、
根掛かりでもしちゃったかなー?
と思っていると、
ギャラリーが「なにか釣れたのかー」と期待されてるのも
恥ずかしながら、引いてみるとビックリ!

ヒラメちゃんがかかっていたのでした。
IMG_2938

40cmくらい

すぐに若いお兄さんがタモですくってくれて、ゲット

わーい!ワーイ!びっくり!

小サバがついていて、放ったらかしになっていたみたいで、
その小サバに食いついたようです。

こんなラッキーがあるのですねー

トビウオすくいの前に民宿にチェックインしようと
思っていましたが、
気が良くなってしまったので、夕まづめまで
頑張ってしまいました。

奇跡は2度起きませんでしたが

IMG_2908

台所のない民宿で一生懸命捌きました。

IMG_2909

ヒラメは5枚おろしだそうです。

結構、ボリュームありました。2人だと食べきれないほど、

手前の細かいのが、エンガワなのですが、
腕前もイマイチ、包丁もイマイチなので、汚いですが、
アッサリ、プリプリ美味しかったでーす


そして翌日は、もう台風が来る事がわかっていたので、
釣りはあきらめていて、
朝起きたら、土肥は、風が凄かったです。

釣りでこちらの西伊豆に来ている時は、
ランチはお弁当かコンビニになってしまうので、
せっかくなので、気になっていた
「沖上がり食堂」
IMG_2926
IMG_2927


こちらは、イカ丼が有名です。
IMG_2929

イカ大好きなので、やっと念願食べる事が出来ました。
漁港なので、良心価格 ¥820だったかなっ?

一番人気のイカ様丼です。

IMG_2930

イカ刺しと漬けの両方が食べられる贅沢、
たまごが合うんですよねー

ご馳走様して、漁港を見てみると、
風もないし、雨も降ってない

?ん? 台風は?土肥はあんなに風が強かったのに
これなら釣り出来るじゃんと、
釣り餌を買いに行きました。

仁科漁港には、2人ぐらいしか釣りしてませんでした。
やはり皆、今日は台風だと思ってるからねー

釣り餌屋さんで、仁科漁港の釣果を聞いてみると
小サバとイワシ」との事
大サバは廻ってきてないという事なので、

ならば、田子のほうが良いかなーと思い
少し戻って、田子港へ行きました。

ここもいつもなら人気があっていっぱいなのですが、
この日は1組だけでした。

ここは、トイレもあるし、落ち着いて釣りができる
お気に入りの港です。

以前は、タイも釣れたし、マハタも釣りました。


今回、私はカゴ釣りで
師匠は昨日の私のラッキーを求め、
小サバを釣って、エサにして、ちょい投げ
ヒラメ狙い

しばらーーーく放っておくと、
アタリが
結構重くて期待しましたが、
糸切られてしまいました。 残念

なんだったんだろー?
またヒラメだったら凄いよね

仕掛けをロストしてしまったので、
師匠はまた買いに行きましたよー

時折、雨が降ったり、でも止んだりで
なかなかやめられず、

しばらくするとまたアタリが

今度も相当重かったので、
慎重に慎重に、、タモも準備で
じゃじゃーん

IMG_2932

IMG_2937


エイでした。残念!
でも重かった、ヒラメより大きかった!

しっぽに毒があるので、リリースしてしまいましたが、
後から調べると、「非常に美味」との事
知らなかった、、

時間が経つとアンモニア臭くなるらしいですが、
血抜きをすると、キモも美味しいし、
骨も軟骨なので食べられちゃうそうです。

煮つけ、から揚げ、、

そうですよねー
「エイヒレ」なんて、乾きものがあるぐらいだから、
食べられるじゃん

後の祭りですが、また釣れそう

雨が強くなってきたので、これでおしまいにしましたが、

今回はヒラメにトビウオも釣れて?食べられて
大満足の西伊豆、土肥釣行となりました。






「トビウオすくい体験」って知っていましたか?

船に乗って、船のあかりによってくる「トビウオ」を
タモですくって取るというイベントです。

釣る」んじゃなくて、「すくう」って、楽しそうですよね!

釣り目的で西伊豆に行く事は多かったので、
看板は目にしていたのですが、
開催時期が6月の1ヶ月間だけと短く、
いつも逃してしまっていました。

今年はなぜか、「夏前だったなー?」と思い出し、
予約しました!

大人3,000円、小学生2,000円、未就学児1,000円


6月の1ヶ月間だけなので、
興味のある方は電話してみて下さいね!

土肥温泉旅館協同組合 TEL 0558-98-0523 

結構、人気があるので、
私が参加した6/9土曜日は4隻も船が出ました。
1日40名までが定員だそうです。

土肥観光協会主催で、いつも釣りをしている
コバルト堤防から20時に船が出ます。

IMG_2900

救命胴衣をつけて、大きなタモを持って



IMG_2897

さー出発です。

IMG_2902

船の灯りも綺麗で、タモもカラフルで綺麗な景色

さてトビウオちゃんは、
水面を泳いでいるのが見えましたし、
飛んでいる姿も初めて見ました。

想像していた魚の飛び方とは、違うので、
驚きました。

水面ギリギリをスーーっと、
まるで飛行機のように10mぐらい飛行するんですね
すごい飛距離

そんなトビウオを近くで見られたのは良かったのですが、

しかし、タモですくえるほど、飛んでこない

船長さんによると
「今日は、海も濁っているし、トビウオが少ない」とのこと

トホホ、、

1匹もすくえない時もあると、事前に聞いてはいましたが、
それでも1,2匹はすくえるかと期待していたのに、、

船長さんが何度か場所を移動してくれたのですが、
トビウオが全然飛んできてくれないので、私はゼロ

1時間半の間に、一緒に乗っていた人10人中、
すくえた人は1人だけでそれも2匹
この船の釣果はこれだけで終わってしまいました。

IMG_2904

岸に戻ってきて、他の3隻の船の釣果を見てみると、
なんと、そこそこすくえているではないですか。。

1ファミリーで、4,5匹すくえている人もいました。
トビウオだけでなく、
ダツ」や「舌平目」なんかもいましたよ

日も悪かったのでしょうけど、
乗った船も運が悪かった気がしました。

係のお姉さんに救命胴衣を返す時に
「1匹もすくえませんでした」と不満げに言っても、
「ワ~残念でしたねー、またお願いします」
だって、、
はあ~?って思いましたよー!

大人は一人3,000円も払ってるんだから、
すくえない人に1匹くらいトビウオをあげるぐらいの
配慮がほしいなーと思いました。

ちょっと、機嫌悪くなって、帰ろうと思った時に

「トビウオいらない人がいるので、欲しい人いますかー?」
のアナウンスが、
すかさず「はーい」と答えて、2匹もらっちゃいました。

一緒の船に乗っていた人の2匹でした。
ありがたい!良かったー!

トビウオのお刺身や塩焼きをして食べる気満々でしたので、
ラッキーでした。

もう時間も9時半を回り、遅くなってしまいましたが、
宿泊先の民宿へ戻り、
そこから、トビウオさんを捌きました。
IMG_2907
IMG_2906


本当に羽のようにおおきなヒレで、お目々がかわいい

IMG_2910

情報によるとアジよりも美味と書いてありましたが、
身がしっかりとプリプリで美味しかったですよっ!

また来年も参加するか?と聞かれたら、考えちゃいますが、
きっと、たくさんすくえた人は、楽しかったでしょうから、
リピーターさんがいると船長さんは言っていましたねー。

まーなんでも体験してみないと分からないし、
「トビウオを船に乗って近くで夜の鑑賞会」
と思う事にしまーす!













このページのトップヘ